介護福祉士実務者研修

  • 実務者研修とは、国家資格である介護福祉士になるための基礎的な知識や技術を学ぶ研修です。

実務者研修では、より質の高い介護サービスを提供するために、実践的な知識と技術の習得を目的としています。実務者研修の取得者は、今後介護のさまざまな場面で活躍の場が広がっていきます。また、訪問介護事業所でサービス提供責任者として働くことができるなど、今後のキャリアアップにも役立ちます。

2013年度(平成25年度)より介護職員基礎研修及びホームヘルパー1級は「実務者研修」へ一本化されました。2016年度(2017年1月実施)以降の介護福祉士の受験には、実務経験3年に加えて、実務者研修の修了が必須となりました。

実務者研修はなにができるの?

実務者研修修了者は、サービス提供責任者になれます!
ケアマネを視野に入れたステップアップが可能!

サービス提供責任者は、訪問介護サービスの相談役です。この職種につくためには、原則として実務者研修以上の資格が必要です。より高い介護の専門知識と技術が必要とされるため、多くの場合、通常のヘルパーさんより待遇は大きく上がります。さらにサービス提供責任者の業務は、ケアマネージャーの業務とも親和性が高いため、将来的にケアマネージャーになるための絶好のステップアップとなります。実務者研修を修了しサービス提供責任者になれば、介護福祉士や、その先にあるケアマネージャーを視野に入れた長期的なキャリア設計が可能となります。

医療行為である「たん吸引」や「経管栄養」の基礎知識が学べます。

これまで医師や看護師など、医療資格取得者にしかできなかった痰の吸引や経管栄養ですが、実務者研修で医療的ケアを学び、修了後、「喀痰吸引等研修」を受講し修了することで痰の吸引・経管栄養などを行うことができます。

どこで受講しても一緒?

職業訓練校として多くの修了生を輩出してきた『就職支援センターはな』だからこそ安心。分かりやすい講義と実技はもちろんのこと、「介護職員として長く活躍してほしい」という思いからご利用者様も自分自身も守る介護技術を伝授。熱い思いを持った講師陣による授業を受けませんか?

資料請求

介護福祉士を目指して、実務者研修を受講しようとお考えの方。まずは無料の資料請求からしてみませんか?